My Home NW Lab

逸般の誤家庭のネットワーク

CMNA (Certified Meraki Networking Associate)トレーニングへの参加と注意点

MerakiのWebinarに一定の条件を満たした上で参加すると、Merakiの検証セットが無償提供される場合があります。 ですが、あくまでも導入を検討されている顧客がターゲットとなっているWebinarであり、パートナー企業の従業員は基本的に対象として含まれていません。

しかし、パートナー向けのCMNA (Certified Meraki Networking Associate)のプログラムに参加し、トレーニングを修了して条件を満たせば、Merakiの検証セットが無償提供されます。

レーニングへの参加方法

Cisco Meraki Partner Portalにログインして、定期的に開催されているCMNAのトレーニングの開催スケジュールを確認します。 その上で、所属会社との業務スケジュールの調整を行いながら参加予約をします。
CMNAのトレーニングは人気が高く、参加枠の取り合いになるのが必至な点にご注意ください。

Cisco Meraki Partner Portal
https://www.merakipartners.com/

検証セットの内容

2020年にCMNAの内容が一新され、検証セットで無償提供される内容も変わりました。
そのため、最新の検証セットの内容は、トレーニングの情報ページで確認してください。

検証セットの取り扱いの注意

レーニングに参加した場合の検証セットの所有権が誰になるかを事前に確認しておく必要があります。
例えば、業務上の一環でトレーニングに参加した場合は、所属会社が所有権を得る可能性があります。
そのため、筆者の例では、予め有給休暇取得の調整をした上で、業務ではなく個人の時間でトレーニングに参加しました。 念のため、所属会社にも所有権が個人の扱いになるかの確認もしております。

また、検証セットの発送先に関しても注意点があります。
個人宅を発送先の住所に指定すると、宛名が会社名になっているのにも関わらず、個人宅である点を不審に思われて配送業者が持ち帰ってしまう事例があるようです。 日本の配送業者の防犯意識が高い点の表れとも言われています。
そのため、所属会社に発送した上で、荷物を受け取るのが基本となります。
ただ、その場合であっても、所属会社から個人宅へ持ち帰る場合に、不当な持ち出しだと疑われないように所属会社に話しておくなどの調整を適宜しておく必要があります。 また、筆者の場合は、検証セットとMerakiロゴのTシャツが2回に分けられて発送されてきました。
なお、ライセンスに関してはメール アドレス宛に送付されました。

最後に

レーニングの内容などは今後変更になる可能性があるため、開催要領をよく読んだ上で参加してください。 また、あくまでもビジネスのために無償提供されているので、検証セットは有効活用しましょう。